ページの先頭です

WORLDLIBRARYWORLDLIBRARY

KIDS DESIGN AWARD 2016

ご試用規約

以下の申込規約(以下「本規約」という)にご同意頂けた場合、専用フォームにてお申込みください。
当社がお申し込みに対して承諾をする場合その旨の返信をさせて頂きます。
なお、本規約においては、当社を「甲」、申込者様を「乙」と記載しております。
1事業所につき1回限りのお申し込みとなります。

  1. 第1条(目的)

    本規約は、甲が乙に対して、甲が保有する外国の原著作物を日本語に翻訳した絵本又はこれに準じる書籍等のうち、
    甲が任意に指定するもの(以下、「本件物品」という)を、無償で貸し、乙がこれを借りるにあたり、条件を定めることを目的とする。

  2. 第2条(本件物品の引渡し及び返還)
    1. 1 甲は、乙に対し、本件物品を納品場所において別途甲が指定する日時に引き渡す。
      本件物品の引渡しに要する運送費用は甲の負担とする。
    2. 2 甲が本件物品を引き渡し乙がこれを返還するまでの期間(以下、「各賃貸期間」という)は
      約1ヶ月(詳細は甲が指定する)とし、甲は、乙に対し、2ヶ月分の賃貸期間につき無償で貸与する。
    3. 3 乙は、本件物品に瑕疵がある場合、引渡し後3日以内に書面による通知をしてその交換を請求することができる。
      但し、乙は、本件物品が、新品、未使用品のみならず使用済品(中古品)となる場合もあることを十分に認識し、
      本条項にいう瑕疵とは、本件物品において著しい破損、汚れその他社会通念上読書に耐えられないもののみを指すものとし、
      一定の破損又は汚れがあるが社会通念上読書に耐えうるものに関する請求や
      本件物品の内容を理由とする請求は事由の何たるを問わずできないものとする。
    4. 4 乙は、甲が別途指定する日時及び方法に従って本件物品を返還するものとする。
      なお、本件物品の返還に要する費用のうち甲が指定する運送費用は甲の負担とする。
      但し、乙が甲の指定と異なる返還をした場合(返還すべき対象を誤った場合を含む)、
      運送費用及び関連して生じた費用は乙の負担とする。
  3. 第3条(本件物品の管理義務)
    1. 1 乙は、本件物品を善良なる管理者として注意をもって管理する。
    2. 2 乙は、甲の事前の書面による承諾を得ない限り、本件物品の複製(写真等による撮影を含む)、
      翻案、加工、転貸、譲渡、又は質入その他担保の設定をしないものとする。
    3. 3 乙は、本件物品に貼付された甲の所有権その他甲が意図する権利を明示した標識等を除去又は毀損しないものとする。
    4. 4 乙は、本件物品を納品場所において使用するものとし、
      甲の事前の書面による承諾を得ない限り、納品場所以外に移動してはならないものとする。
    5. 5 甲又は甲の代理人は、いつでも使用場所において本件物品の状態を任意に点検することができる。
    6. 6 本件物品及びその設置、保管、使用に起因して、第三者から異議申立又は請求がなされた場合、
      乙が一切の責任を負うものとする。但し、第6条1項に定める甲の保証に関する異議申立て等の場合にはこの限りではない。
  4. 第4条(遅延による損害金等)

    本件物品の返還が遅れた場合、乙は、甲が指定した返還日から本件物品が甲に到着した日までの日数に
    100円(税別)及び冊数を乗じた金額に配送に要する運送費用を追加した金額を甲に支払うものとする。
    但し、甲が指定した返還日から10日以内に返還された場合には、甲は、事情により、請求をしない場合がある。

  5. 第5条(不可抗力)
    1. 1 甲は、天災地変、戦争、ストライキその他の不可抗力が生じた場合、及び運送業者の配送を原因とする場合、
      その他甲の責に帰すべき事由に基づかない本件物品の引渡しの遅延又は引渡し不能については、責めを免れるものとする。
    2. 2 前項に基づく引渡し不能の場合、甲及び乙は、本規約の解除その他について協議して決定するものとする。
  6. 第6条(本件物品の滅失等)

    乙は、乙又は本件物品の使用者が、本件物品を滅失させた場合又は故意若しくは重過失により著しく毀損した場合、
    本件物品の購入代価相当額ないしその10倍の範囲で甲が決定した金額を直ちに甲に支払う。
    なお、甲は、甲の損害がこれを超える場合には、別途超過分につき請求できる。

  7. 第7条(損害賠償額の制限)

    事由の何たるを問わず、本規約に関して乙が被った損害の一切
    (慰謝料、乙が第三者から請求されたことによる損害を含むがこれに限られない)に対して甲が負担する債務は、
    甲が乙から受領したレンタル料の総額の半分を上限とする。

  8. 第8条(期間満了)
    1. 1 本規約は、本規約同意日から効力を生じ、本規約同意日の翌月の1日から2カ月間有効とする。
    2. 2 本規約終了後といえども、第4条、第5条、第6条、第7条、本条、第9条及び第10条は、有効に存続する。
  9. 第9条 (合意管轄)

    本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所をもって専属的合意管轄裁判所とする。

  10. 第10条(変更)

    甲は、本規約を乙に断りなく変更できるものとし、変更後は新しい規約が適用されるものとする。

以上