ページの先頭です

WORLDLIBRARYWORLDLIBRARY

KIDS DESIGN AWARD 2016

LIBRARYLIBRARY

こぐまくんのはじめてのぼうけんBaby Bear and the Big Wide World

そとには なにがあるんだろう。そとにいったら、なにがおこるんだろう…。

こぐまくんは、外の世界を見てみたくて、ちっとも眠れません。果てしなく広い世界へ出かけてみたくて、あたたかいかあさんぐまの腕の中からそっと抜け出します。
おおらかなかあさんぐまは、こぐまくんが勇気を出して外へ行き、冒険の一晩を過ごしたあと、満足し誇らしい気持ちで戻ってくることを、ちゃんとわかっているのです。明け方、腕の中にもぐりこんできたこぐまくんを静かに優しく抱きしめます。
ドゥブラヴカ・コラノヴィッチの優しいパステル画が魅力の一冊。

作者情報

作/エリー・パターソン

絵/ドゥブラヴカ・コラノヴィッチ

1973年、クロアチアのザグレブに生まれる。18歳で絵本作家としてデビュー。アメリカのサヴァナ美術大学に学び、ザグレブ・アカデミーでは絵画を専攻。世界中の30以上の児童書にイラストを描き、うち10作品が日本でも翻訳出版されている。ユニセフのポストカードやポスターも手掛け、Earthwatchのボランティアとしても活躍。世界中のすべてのこどもたちが平和で幸せな幼年時代を過ごせることを願っている。ザダル在住。

訳/かまち ゆか

福岡県生まれ。福岡女子大学文学部英文学科卒業。外資系保険会社に勤務したのち、翻訳学
校で文芸翻訳を学ぶ。訳書に『ちいさなペンギンがはじめておよぐひ』『ちいさなしずく』
『こぐまくんのはじめてのぼうけん』『123のゆめみてる』『ブックモンスター かじり
屋ニブルス』(すべてワールドライブラリー)、『マイ・ヴィンテージ・ハロウィン』(共
訳/グラフィック社)がある。趣味は旅行と食べ歩き。やまねこ翻訳クラブ会員。横浜市在
住。

一覧に戻る