ページの先頭です

WORLDLIBRARYWORLDLIBRARY

KIDS DESIGN AWARD 2016
LIBRARYLIBRARY
0-2歳向け絵本
いつも絵本が近くにある環境を 赤ちゃんの頃は視力が発達中で少しずつ色や形が認識できるようになるため、内容がしっかりした絵本より色合いがはっきりした絵本や、指を動かして遊べるしかけがある絵本が喜ばれます。

出産祝いにおすすめの絵本

スライド式のしかけを指で動かして遊ぶボードブック「ちいさな ゆびで」シリーズ。夜空に星を浮かべたり、チューリップの花を咲かせたり、空に虹を描いたり。やさしいことばと楽しいしかけ、はじめての絵本にもおすすめ。
海の生き物たちを探してみましょう。スライド式のしかけをひっぱると、探していた生き物が出てきて、海の絵柄が大きく広がります。きらきら光る箔押しがいっぱいのボードブック。
北極の生き物たちを探してみましょう。スライド式のしかけをひっぱると、探していた生き物が出てきて、雪と氷の世界の絵柄が大きく広がります。きらきら光る箔押しがいっぱいのボードブック。
スライド式のしかけを指で動かして遊ぶボードブック「ちいさな ゆびで」シリーズ。りんごの木に赤いりんごをたくさん実らせたり、雪を降らせたり、森に隠れている誰かを見つけたり。はじめての絵本にもおすすめ。

周りのものを認識し始めたら読み聞かせしたい絵本

赤はrouge、緑はvert…。色の名前を身近なものの名前とともに、親しみやすく優しい雰囲気のイラストで紹介。原書のフランス語を生かした日仏バイリンガル仕様。
猫はun chat、仔猫たちはdes chatons…。身近な動物から農場の動物、動物園や水族館で出会うような生き物まで、親しみやすく優しい雰囲気のイラストで紹介。原書のフランス語を生かした日仏バイリンガル仕様。
親子が並んだ絵を完成させよう!左右のページをめくって繋がる絵柄を探し、動物の親子を揃えるパズル絵本。動物や植物の名称は、英語と日本語のバイリンガル表記。リング綴じのボードブック仕様。
ちっちゃなカメのタルタ・ルギーナが、歩いて近所を見てまわります。いろいろな生き物がいろいろなすみかにくらしていることを知り、最後にたどりついたのは…。丸い窓がぐるぐる重なったユニークなボードブック。

ワールドライブラリーのおすすめ

はじめて泳ぎに行く小さなペンギンが、友達と出会い、それぞれの挑戦する姿に勇気をもらいます。ドゥブラヴカ・コラノヴィッチの優しいパステル画が魅力の1冊。
雲から落ちたしずくが海へと流れつき、また空へと戻る冒険の物語。虹の中に飛び込んだり、小川にまざって流れながらキラキラした魚たちと遊んだり・・・お話を楽しみながら水の循環について知ることができます。
こぐまくんは、外の世界を見てみたくて、ちっとも眠れません。果てしなく広い世界へ出かけてみたくて、あたたかいかあさんぐまの腕の中からそっと抜け出します。ドゥブラヴカ・コラノヴィッチの優しいパステル画が魅力。
クマのアマデウスは、ちいさいからまだできないことがあります。でも、ちいさいアマデウスだからこそ、いいこともあるのです。はじめての読み聞かせにもぴったりな、やさしくソーシャルスキルを伝えるシリーズから。
種は土の上に寝ているだけで、なにもできません。「きみは おおきくなったら なにに なるんだい?」とミミズが聞きました。でも、種にはわかりません。太陽や雨をあびて、やがて種はなにになるのでしょうか?