ページの先頭です

WORLDLIBRARY

KIDS DESIGN AWARD 2016

LIBRARY

月の塔Måntornet

月。だれかぼくを月につれていってくれないかな。

だれかぼくを月につれていってくれないかな。でも、みんなむりだっていう。むずかしすぎるし、きけんすぎるし、月はとおすぎる。いけるわけないって。それでもシンドレはあきらめない。塔をたてよう。たかい、たかい塔を。

作者情報

作・絵/ ペール・グスタフソン

イラストレーター・作家。他の作家とのコラボも含め、手がけた作品は多数ある。単独では、7 冊のお姫さまの本、4 冊の王子さまの本で文とイラストの両方を手がけている。作品はさまざまな言語に訳され、世界中の子どもはもちろん、おとなにも親しまれている。日本では2010 年に『飛べない渡り鳥 リッレヴィン』(汐文社)が翻訳出版されている。

訳/ ひだに れいこ

1980年富山県生まれ。デンマーク教育大学児童文学センターにゲスト学生として留学。大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。主な訳書に『キュッパのはくぶつかん』『キュッパのおんがくかい』(ともに福音館書店)、『なぜイヌの鼻はぬれているの? ノアの箱舟のふしぎな話』(西村書店)、『穴』『フィンドゥスの誕生日』『フィンドゥスが小さかったころ』『フィンドゥスのキャンプ』『フィンドゥスの魚つり』『10 まで かずを かぞえた こやぎ』『たね』『月の塔』(ワールドライブリー)などがある。デンマーク、ノルウェー、スウェーデン文学の翻訳・紹介を精力的に行っている。

  • 購入したい方はこちら
  • 絵本レンタルはこちら

一覧に戻る