ページの先頭です

WORLDLIBRARY

KIDS DESIGN AWARD 2016

LIBRARY

Hullet

あのぅ、穴を見つけたんです…ぼくの部屋で…

表紙の真ん中に、本1冊を貫通した穴があります。この穴が移動して、いろいろなものに姿を変えていくストーリーに、誰もが驚き夢中になることでしょう。
ある日、引っ越しをしてきた主人公は、新居の壁に穴を見つけます。なんだろう?と壁の反対側を覗いてみると、あったはずの穴がありません。おかしいな…と戻ろうとして、こんどは床に移動していた穴につまづいてしまいます。そう、この穴は動くのです…。
こどももおとなも魅了する、「穴」をめぐる不思議なお話。

作者情報

作 ・絵/ オイヴィン・トールシェーテル

訳 / ひだに れいこ

1980年富山県生まれ。デンマーク教育大学児童文学センターにゲスト学生として留学。大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。主な訳書に『キュッパのはくぶ つかん』『キュッパのおんがくかい』(福音館書店)、『なぜイヌの鼻はぬれているの?ノアの箱舟のふしぎな話』(西村書店)、『穴』『フィンドゥスの誕生日』(ワールドライブラリー)などがある。デンマーク、ノルウェー、スウェーデン文学の翻訳・紹介を精力的に行っている。

 

 

  • 購入したい方はこちら
  • 絵本レンタルはこちら

一覧に戻る